電子メールの移行の容易な乗り心地を作る™ - タイム·アフター·タイム!

Windows LiveメールエラーID 0x8de00005

Windows LiveメールエラーID 0x8de00005

すべてのソフトウェア, 最も洗練された高価なものでさえ, 少なくともたまに私たちの期待を下回る. グリッチは破壊的です, しかし、これらの後退のほとんどは修正可能です. これは迷惑ですが致命的ではありません Windows LiveメールエラーID 0x8de00005.

欠陥は、通信を伴うすべての作業を損なう. さらに, それはしばしば永続的です, 被害を増大させる. 通常はウイルスやマルウェアとは無関係, これは、入力チャネルと出力チャネルのデータを処理するシステムとの通信の欠陥に起因します.

Windows LiveメールエラーID 0x8de00005とは

不備コードは、 サーバーエラー 3219. これにより、電子通信の責任を負うサーバーとの通信の障害が明らかになります. リンクの欠陥とは、データが送受信されないことを意味します. ロジックは簡単です.

ライブメールエラー0x8de00005

要するに, 根本原因を取り除く, 現在のアカウントを再生成する必要があります. 問題の問題はかなり以前から存在していますが, コンピュータのウィズは、複数のソリューションを思い付くことができませんでした.

起源をさらに掘り下げる, 二重認証で原因を識別します. システムは、資格情報の1つの組み合わせを使用してログインし、同じ資格情報を使用してサーバーとの通信を確立します. これは問題の原因です.

アカウントの削除とリセット

既存のメールアカウントと 0x8de00005 それと一緒に挑戦. これは、あなたが電子メールアドレスを放棄しなければならないという意味ではありません. 代わりに, システムから削除され、再入力されます.

エラーコード0x8de00005を修正する方法

この手法はロケットサイエンスではなく、すべてのユーザーが実行できるはずです。. 始める, 「アカウント名」セクションから関連するプロパティにアクセスして変更する. アカウントがデジタル通信の同期と受信に使用されていることを確認してください. 変更を適用し、「OK」で終了します.

次のステップは再生です. ここに, 資格情報を入力し、サーバーを手動で設定します. それゆえに, 「アカウント」に向かい、@記号の付いたプラスをクリックします。. その後, 資格情報を入力して、2つのサーバーの手動セットアップに進みます。 – ユーザーによる設定.

最初の, 指定する 993 ポート番号と場所として imap-mail.outlook.com. チェックマークを付けて、SSL保護タイプが有効であることを保証します. 2番目のシステムのセットアップに進みます – 送信の責任者.

その場所は次のように指定する必要があります smtp-mail.outlook.com. 接続のタイプは同じです, プラス認証. 指定する 587 ポートとして. 「次へ」をクリックすると, チューニングが完了しました! 今, ザ 見通し 2010 エラー0x8de00005 消えるはず. 以前のアカウントの削除は簡単です. 右クリックして対応するオプションを選択するだけです.

修正後の重要な手順 0x8de00005ライブメール バグ

画面左側, 新しく生成されたアカウントの詳細が表示されます. 以前のバージョンのメールコンテンツは、ドラッグアンドドロップ方式でフィードできます。. 残念ながら, 廃止されたレジストリエントリによって引き起こされた場合、問題は再発する可能性があります. 後者が修正されたら, グリッチは消えます.

先端: Microsoft Outlookに移行する そしてクラス最高のメールクライアントを使い始める. ライブメールのエラーとバグを取り除く.

Windows Liveメールエラー 3219: 結論

これは、WLMユーザーのフラストレーションの一般的な原因です. HTTPSを介して接続とメール同期を設定しようとすると確認されます. 残念ながら, メールクライアントは、過負荷になり、不適切に更新される傾向があることで有名です.

気になるなら Windows Liveメールのエラーを修正する方法 これらのように, 問題を解消するためにメールアカウントを削除して再作成する. 手順は一般的で実績のある方法です. 電子通信を処理するシステムを調整するためにアプリに切り替えることも可能です.

別の Windows LiveメールエラーID: 0x8007007a

基本的に, メールを送信できないことを示しています. 問題のメッセージには、OneDriveに保存されている画像が含まれています. 最新のクラウドストレージとは異なり, 前任者, SkyDriveの, 完全なアルバムと個別の画像を送信することができました.

別の考えられる説明は、あなたが過去にそのようなメールを送信しようとしたことです, 彼らはまだあなたの送信トレイに保管されています. この場合, ユーザーは通信を受け取りますが、送信できません.

明白な解決策は、未送信メールの消去です. それが完了したら, 簡単なテストをして – 自分にメッセージを送信し、目的地に到着するかどうかを確認します. あるいは, 最初のエラーを排除する同じ解決策を試すことができます – 即ち, 削除して再度追加.

メールで画像を送信する必要がある場合, 添付ファイルを使用する. OneDriveフォルダーを送信する試みを単に回避する場合, エラーが再び発生する可能性は低い. しかしながら, ある場合には, エラーコードは、ファイルシステムの破損によってトリガーされます. 評判の良い開発者のサードパーティツールがリポジトリをチェックします, 欠落および破損したコンテンツの検出. これは、 Windows Liveメールを修復する.

その他のサポート技術情報


IBM Lotus Notes

Outlook NSTファイル

ストレージ容量の不足に苛立っているWindowsユーザーは、犯人がなじみがないことに気付くかもしれません 続きを読む

Thunderbirdのロゴ

EMLをThunderbirdにインポートする

メールは日常のビジネスやプライベートコミュニケーションに不可欠な要素です. それは一般的です 続きを読む

PSTが見つからないエラー

Outlookで見つからない削除されたPSTを閉じる方法

以前に開かれたPSTファイルを閉じることが常に可能であるとは限りません 続きを読む

Mac Mailインポートするメールボックス形式を選択

PSTをMacメールにインポートするさまざまな方法

MS Outlookは、世界中の数百万人のユーザーが使用するメールクライアントです。. しかしながら, 続きを読む

EMクライアント

IncrediMailからeMクライアントへの転送

の初めに 2020, IncrediMailのシャットダウンに関する多くの見出しがありました 続きを読む

この記事はどのように役立ちました?

それを評価するために星をクリックして!

平均評価 0 / 5. 投票数: 0

ノー票これまでに! この投稿を評価する最初の人になります.

あなたはこの記事が有用であることが判明したよう...

ソーシャルメディア上で私たちに従ってください!

私たちは、この記事があなたのために有用ではなかったことを申し訳ありません!

私たちは、この記事を改善しましょう!

私たちは、この記事を改善する方法を教えてください?

 
注釈

コメントはまだありません.

 

Windows LiveメールエラーID 0x8de00005

読む時間: 3 私に